11/10(金)半導体発振器関連パネルーアンケート

ご協力お願い

近年、半導体マイクロ波発振器を搭載したマイクロ波発生器が入手しやすくな り、シンポジウムでも関連の応用研究数が大幅に増加しています。そこで、当該分野の関係者が、半導体マイクロ波発振器をどのようにとらえているのか、そし て今後どのような展開が予測されているのかパネルディスカッション形式で議論をしたいと考えています。
つきましては、日々皆さまが感じている、あるいは期 待している半導体発振器の課題、将来をアンケート形式で集め、その結果を当日のパネルディスカッションで紹介いたします。
すでに半導体マイクロ波発振器を 取り扱われている方々だけでなく、興味を持っている皆様からもご回答いただけると幸いです。
 
*本アンケートは個人情報を排除したうえで、パネルディスカッション資料としてのみ用います。ただし、メールアドレスをご回答いただいた方には、JEMEAからのイベント情報提供など広報活動に利用させていただきます。
 
*すべての回答は任意です。無回答の欄があっても結構です。
 
回答者の属性について
所属
名前
JEMEA会員ですか? 会員
学生会員
非会員
産学官どのポジションですか?

官・その他
マイクロ波にはどのようにかかわられていますか? 利用側
マイクロ波装置設計・製造側
発振器開発・製造
その他
この分野に携わって何年ですか? これから
1年未満
1〜3年
3〜5年
5〜10年
10年以上
 
半導体マイクロ波発振器全般について教えてください
既にお使いですか? 半導体発振器(LDMOS等)
半導体発振器(GaN)
使っていない/その他
半導体マイクロ波発振器以外のマイクロ波源はお使いですか? マグネトロン
その他電子管
使っていない/その他
どの分野で思われていますか? 加熱・乾燥
自動車
調理
化学反応
材料プロセッシング
プラズマ
医療
エネルギー伝送
その他
その他の場合
処理量(予定も含む)はどのくらいでしょうか? ラボスケール
ベンチスケール
日産0.1t
日産1t
導入に際して装置の希望金額はいくらでしょうか?(万円)
採用に何を重視していますか? 出力
コスト
制御性
寿命
サイズ/重さ
その他
コメントがあれば
使用状況/関心について 使用実績あり
使用実績はないが関心はある
様子見
その他
魅力的な点 効率
サイズ
周波数可変
スペクトル幅
応答スピード
寿命
マイクロ波ON/OFF
その他
その他魅力的な点
改良を希望する点 出力
価格
効率
その他
その他改良点
何%の効率であれば購入を検討しますか? 現状(60%でよい)
60-70%
70-75%
75-80%
80%以上
何Wの出力が必要ですか? 100W以下
100-200W
200-300W
300-500W
500-1000W
1000W以上
ご使用に対して利用不可能な冷却方法はありますか? 自然空冷
強制空冷
水冷
特になし
分からない
ご使用に対して利用不可能な出力コネクタはありますか? SMAコネクタ
Nコネクタ
DINコネクタ
導波管
その他
特になし
分からない
もしデモ品があれば使いたいですか? 使いたい
どちらでもいい
その他改善を希望する点
マグネトロンと半導体マイクロ波発振器の違いをご存知でしょうか? 知っている
よくわからない
マイクロ波装置を販売する場合、販売地域は? 国内
海外
どの分野が最初に普及すると思われますか? 加熱・乾燥
自動車
調理
化学反応
材料プロセッシング
プラズマ
医療
エネルギー伝送
その他
その他の場合
処理量 ラボスケール
ベンチスケール
日産0.1t
日産1t
普及について 普及が始まっている
3年以内
5年以内
10年以内
10年以上
わからない
普及するために、最低必要な効率は? 現状(60%でよい)
60-70%
70-75%
75-80%
80%以上
わからない
普及するために、必要な出力は? 現状(200W以下)
200-500W
500-1kW
1kW以上
わからない
普及するために必要な価格
(例 100Wトランジスタ1000ロットで5,000円以下、発生装置として20万円@100W等)
普及に関してコメントがあれば
 
マイクロ波の応用について(半導体マイクロ波発振器を含む全般)
どの応用分野に興味がありますか? 加熱・乾燥
自動車
調理
化学反応
材料プロセッシング
プラズマ
医療
エネルギー伝送
その他
その他の場合
 
マイクロ波応用分野について教えてください(半導体マイクロ波発振器を含む全般)
応用分野名
必要電力は? 〜10W
10〜200W
200〜1kW
1kW〜100kW
100kW以上
興味のある周波数は? 915MHz
2.45GHz
5.8GHz
その他
現在の技術レベル(5段階評価) 1(基礎研究)
2
3
4
5(産業化)
実用化に必要な期間は? 実用化済み
〜3年
3〜5年
5〜10年
10年以上
わからない
実用化時の市場規模は? 〜1億
1〜10億
10〜100億
100億〜1兆
1兆円以上
わからない
実用化するために重要な項目は? 装置コスト
ランニングコスト
基礎理論
法整備
その他
コメントがあれば
 
その他
当日会場で話題にしてほしいトッピクスがあれば
本回答の内容について、会場でコメントを求めてもよいですか? はい
いいえ
その他(本企画について、学会への要望等)
 
JEMEA事務局から
あなたが最新の業界動向を知るために利用しているものは何ですか? 学会の行事に出席をして勉強
学会で知り合った人との個人的な情報交換
仕事上関係のある企業/大学/研究者の口コミ
ネット
展示会
雑誌
その他
前質問で、ネット、展示会、雑誌、その他を選択された方へ 差しさわりがなければ具体的に教えてください。
今後JEMEAからの情報をご希望の方はメールアドレスを教えてください。